大分トレーニングスタジオ
新着記事

地方のトレーニングスタジオ経営は駐車場で決まる。

地方のトレーニングスタジオ経営は駐車場で決まる。


先日定期購読しているスポーツクラブ関連の雑誌に驚きのデーターが記載されていました。スポーツクラブ、トレーニングスタジオ等の経営は駐車場の台数で決まる…このようなタイトルです。確かに大分と言う地域、特に大分市内以外では生活スタイルは多くの方が車での移動です。


例えば100人のお客様をトレーニングスタジオに入会させた場合は35台の駐車スペースが必要とのデーターです。ただし「パーソナルトレーニングのような個別指導は」除く自由に来店できるスポーツクラブ型の話です。


冷静に考えてみれば入会者様の約35%が毎日来店した場合は当然ながら35台近くの駐車スペースは必要ですね。では実際に大分市を見てみるとどうなのか….答えは簡単ですが条件を満たしていないトレーニングスタジオが数多く存在します。この現象が「スポーツ関連は大手に飲まれる」を象徴しているのでしょう。


まれに駐車スペースが数台しか無いのに大々的に広告を出しているトレーニングスタジオがありますが、少々乱暴な集客方法だと感じます。お客様ファーストで考えれば駐車スペースがなくトレーニングができないと言う最悪のケースを招くからです。


スポーツクラブ関連は実は設備投資産業なんです


私どもが運営する大分市パーソナルトレーニング|ワイズボディメイクは大分ヤクルトグループが運営するある程度規模の大きなトレーニングスタジオです。パーソナルトレーニング「マンツーマン」形式ですので、マックスの来店数は4名。ただし有酸素系のトレッドミルは使い放題なのでパーソナルトレーニングを終えた方が皆利用すると仮定すれば8台の駐車スペースが必要です。

さらに、入会説明や体験コース、見学なども含めると10台は必要となるのです。従業員駐車スペースも必要なので、ワイズボディメイクでは17台の駐車スペースを確保しています。

このように、駐車スペースが原因で倒産する大分のトレーニングスタジオがある事も認識し、我々は駐車スペースに限らず、トイレやシャワールーム、パウダールーム等の設備、さらに一番重要なトレーニング機材にはお金を惜しまず引き続き投資してまいります。


TOP

web@tajihiro.jp
大分市にてワイズボディメイクを運営しております。
Total post: 53

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。