大分市のコロナ問題におけるスポーツジムの換気窓等の重要性。
新着記事

大分市のコロナ問題におけるスポーツジムの換気窓等の重要性。

大分市のコロナ問題におけるスポーツジムの換気窓等の重要性。


大分市ではサザンクロスさんにて感染が確認されましたが、感染された方がスポーツジムに通っていたとの報道を受け県内のとトレーニング系のジムやスタジオが打撃を受けています。これには政府や関連団体が打ち出した指針が大きく影響もしています。


換気環境ではなく換気窓の有無


関連団体の指針には「換気窓」による徹底した換気が必要かつ重要と掲載されていました。また空気感染はないとの情報がありましたが、別のニュースでは空気感染もありうるとの情報も流れていますね。換気扇があれば十分という事ではない。これがジムが現在休止や閉鎖に追い込まれているポイントのようです。


ワイズボディメイクでは建物を囲うように換気窓が並んで設置されています。窓を全て開けると風が強く流れ込んできます。実はここもポイントであります。空気の流れは入り口と出口が必要であり換気扇を回せば良いという安易な考えではないのです。残念ながら大分では換気窓が設置されていて完全な換気環境を作れるスタジオは数店舗のみ。これが現実です。


締め切られた空間では換気扇程度では危険性が高いというのが国の考え方です。実は衛生面もそうですが、大分ではスタジオ関係者がノロウイルスに感染するような事例もあるのです。感染事も営業していた事には驚きです。


今後のことを考えれば換気窓の設置改装、そして運営者の意識の改革も重要になってくると思いますね。消費者は今、非常に敏感になっています。政府が示す指針の確認まで問い合わせ事に聞かれる事態です。ただ安心さえ提供できればお客さんは帰って来ます。事実、ワイズボディメイクは本日でちょうど前年対比100%の入会率を維持しました。今月もまだ半ばですので、コロナ問題の最中に前年以上の伸びが見えるという驚きの状態です。


多少の投資が必要でもお客様ファーストの考えで、今後も対応していこうと思います。1日でも早くこの問題が収束する事を祈ります。


 

web@tajihiro.jp
大分市にてワイズボディメイクを運営しております。
Total post: 53

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。